JPD京都ヘリポート

JPD京都ヘリポートのドローンスクール FREEBIRDドローンクラブ京都

FREEBIRDドローンクラブ京都についてFREEBIRD Drone Club Kyoto

JPD京都ヘリポート

京都に唯一ある民間のヘリポート『JPD京都ヘリポート』にて行うドローンスクールになります。
2019年1月1日より国土交通省認定の無人航空機管理団体『FREEBIRD』の認定を受け、訓練内容をさらに充実してリニューアルいたしました!
参照:国土交通省ホームページ

FREEBIRDドローンクラブでは、現在他のスクールでも多くある『2日間の講習でライセンスが取れる!』をやめました。

これには理由があります。

これまでに多くの方へライセンス取得までの訓練を行ってきました。
その中でも2日間での講習を何度か行いましたが、2日間で国土交通省の規定の航空知識と操縦技術を身につけようとすると、1日の訓練内容はだいぶ過密なスケジュールになり、訓練生だけでなくインストラクターの負担も多くなり、効率的な訓練ができないと判断したために2日間の講習でのライセンス取得をやめることにしました。
これは訓練に来ていただいている方に対しての我々の誠意だと思っております。

2019年1月からのFREEBIRDドローンクラブは最短でも5日間プラス試験日の最低6日間は必要としています。
FREEBIRDのドローン操縦士の訓練は『操縦、座学訓練を受けて試験に合格してライセンスをもらう』と言うものとは少し違います。
主にドローンに初めて触る方を対象に操作方法、飛行の原理、飛行の特性、航空気象など『物が空に浮く』と言う原点から学んでいきます。
当クラブでも認定ライセンスはもちろんありますが、取ったらあとはご自由にどうぞ!というものではなく、その後もクラブ活動を続けて技術、知識をつけ、ドローンと長くお付き合いをして欲しいと考え、このようにしております。

基本的にはJPD京都ヘリポートは無料開放しておりますので、FREEBIRDのドローンスクール卒業生以外でも、飛ばしに来ていただいて大丈夫です! お気軽にお問い合わせください。

FREEBIRDドローンクラブの目的(ドローンの可能性) 

災害時のドローン撮影画像

近年大雨や台風などの自然災害が全国各地で起こり、大雨が降るたびに各地で甚大な被害が出ています。 自然の力に逆らうことはできません。 ですので我々ができることは、起こりうる災害を事前に予測し『備える』ということが一番の安全かと考えます。 しかし、想定外の出来事が起き、道路が寸断された時などは地域の連携は崩れ、被害は大きくなります。 そんな中で孤立してしまった場所に一番早く救助に行けるのは現状では『ヘリコプター』ですが、そのような場所では着陸する場所もしっかりと選ばないと地盤の緩みなどで地崩れなどを起こし、二次的な被害が起きてしまいます。

そんな中で今後活躍してくれるのは間違いなく『ドローン』になっていきます。

現地を視察することに関してはヘリコプターよりも圧倒的に早く、2次災害などの人的被害がないので今後こういった場面での需要はより多くなっていくことが予想されます。 今後は物資の輸送や人員の輸送を視野に入れた開発も急速に進んでいくことでしょう。 その中で、豊富な航空知識を持ち、操縦技術の長けたドローンのパイロットが必要なことも当然のことながら必然であります。

私たちのクラブはヘリポートという常に『空』と隣り合わせにある、言わば『航空クラブ』であります。
その中でしっかりとした航空知識を身につけ操縦技術の長けたドローンパイロットを排出し、今後の社会に貢献していくことがこのクラブの目的でもあります。

FREEBIRDドローンクラブの特長 

JPD京都ヘリポート

当クラブはヘリポートで教育を行なっております。
そのため航空座学には絶対の自信があります。
そのため他のドローンスクールより学科試験・実技試験共に困難だと思いますが、これは全て安全のため。
1人前のパイロットに必要な知識・経験を学んで頂きます。





特長1

全ての研修は、ヘリコプター免許保持者を含む当社認定講師が指導致します。

特長2

技能訓練場は雨天でも使用可能で、座学・技能共に夜間講座の用意もあります。
忙しい方にも無理なく受講いただけます。

特長3

万全なアフターサポートによりFREEBIRDclubの会員であれば実技試験合格まで追加費用はいただきません。

特長4

操縦技能向上のためのFREEBIRDドローンクラブ専用訓練場で、高高度撮影や測量などテーマ別にフォローアップ致します。

特長5

国土交通省への許可・承認申請書の作成アドバイスを致します。(申請代行も承ります)

特長6

ヘリポートで本格的な航空座学を学ぶことができます。

FREEBIRDの会員サービス『FREEBIRDclub』のご案内 

FREEBIRDclubとは?

FREEBIRDclubとは、お得なサービスが盛りだくさんの無料会員サービスになります。

会員特典

JPDヘリポート利用会員入会申込書

1.FREEBIRDの全商品が10%off!

2.毎月抽選で1組様に『京都ヘリコプタークルージング』の無料招待チケットが当たる!

3.FREEBIRDイベントを優先的にご案内

4.弊社管轄のドローンポートの無料開放京都ヘリポート・園部オフロードパーク・みわDASH村など)

などのサービスが無料で受けられるお得なサービスです!

入会方法

FREEBIRDclubLINE@

入会方法は簡単!
FREEBIRDのラインを登録して『友達登録』をしてもらえれば登録完了!
こちらのQRコードを読んでもらうかID検索で『FREEBIRD』を検索してもらえればすぐできます。

コース料金 

一般操縦士コース(座学テキスト・訓練機レンタル料・試験費用が含まれます。)

1名 128,000円(税込)
(座学10講座・実技10時間)

  • 基本は1回約2時間の(座学1講座・実技1時間)の1セット講習を10講習
  • 講習時間は基本固定の4部制  
  • 1部10:00〜12:00
    2部13:00〜15:00
    3部16:00〜18:00
    4部19:00~21:00
    ※夜間(4部)は1時間2千円(税込)の別途料金を頂きます。(要予約)

短時間で学びたい方には

時間がないのでなんとか早く講習を終わらせたい!という方に向けた『時短コース』もございます。
2019年1月~は最短コースでも1日2講座(2つの座学と120分以上の飛行訓練)としており、1日4~5時間の拘束で訓練を行い、
最短で5日間でのライセンス取得を目指してもらいます。

コース内容  

一般操縦士コース

操縦 (実技10時間以上)

ドローン操縦

基本的な操作3

  • 離着陸
  • ホバリング
  • 前後左右方向の移動

応用操作3

  • 対面飛行
  • 飛行の組み合わせ(上下と前後左右の飛行の組み合わせ)
  • サークル・8の字

緊急操作(当スクールは全てDJI製品を使い訓練を行います)

  • リターントゥホーム機能の始動方法と操作介入

以上の7項目を基本として訓練を行います。

座学 (座学10講座)

ドローン飛行風景

航空5大項目座学(5講座)

  • 工学
  • 気象
  • 通信
  • 法規
  • 航法

無人航空機の特徴にかかる知識(5講座)

  • ドローンの特性
  • バッテリーの取り扱い方
  • 航空機との事故の危険予測
  • 事故例から学ぶ飛行の危険性など

安全運航管理者講座(内5講座)

  • 無人航空機の飛行禁止区域また制限地域における飛行の申請方法
  • ドローンの特性
  • バッテリーの取り扱い方
  • 航空機との事故の危険予測
  • 事故例から学ぶ飛行の危険性など

FREEBIRD認定ライセンス取得試験について

JPDヘリポート

基本的に10の講座を終えた者のみが卒業試験を申し込むことができます。
試験は筆記・実技と試験を用意。

筆記試験に関しては無人航空機にかかる法律や取り扱いなどの問題を出題します。
試験時間は60分

実技試験に関しましては基本操作(離着陸・ホバリング・旋回など)を主に試験を行います。

ライセンス取得試験に関しまして下記の条件を満たしている必要があります。
当校の航空座学指定10講座の受講修了書及び10時間以上の飛行時間(飛行時間の確認に関しては、当クラブ発行のフライトログブック又はDJIgoアプリなどでの飛行時間の確認が必ず必要になります。)がライセンス取得試験に申し込むことのできる最低条件になります。

試験合格後

技能証明書

筆記・実技ともに試験に合格しましたら『FREEBIRD』発行の技能証明書とライセンスカードを発行いたします。
認定書発行費用10,000円(税別)
ライセンスカード発行費用5,000円(税別)
※発行費用は別途かかります。

FREEBIRDドローンクラブ京都の入会からの流れ  

1.無料説明会への参加

まずは電話又メールにて【ドローンクラブ案内無料説明会】へのご参加をお願い致します。(約1時間)
こちらで弊社のサービスの詳細をお伝えいたします。
訓練方法や金額の細かい内訳など。
また、他にもたくさんあるドローンスクールの違いやライセンスを取得する意味など、ドローンのいろいろな疑問にお答えいたします。

2.ドローン操縦体験会

ドローン操作風景

実際にドローン操縦を体験してみてください。
約20分の体験になります。
体験していただくことにより、
ドローンを操縦する楽しさ、難しさ、そしてその将来性など、色々なことが実感していただけると思います。
会場は実際にクラブで使用するJPD京都ヘリポートにて行います。
(京都府・京阪・中書島駅タクシー10分)

住所:京都市伏見区向島柳島1番地
詳しい地図はこちら


3.FREEBIRDドローンクラブ京都入会申込み

弊社の行うドローンクラブはあくまでも基礎に重きを置いてます。
ドローンの使用目的や目指す方向は皆違うと思いますが、入り口は一つだと考えているからです。
説明会や無料操縦体験会にてあらかじめ内容をご確認頂き、他のドローンスクールなどとの違いや特色をご自身で判断頂いた上でお申し込みください。
その後、『FREEBIRDドローンクラブ京都入会申込フォーム』に必要事項をご記入いただきます。
お申込み頂き受講費用のご入金をもって、訓練申し込み完了とさせていただききます。

4.FREEBIRD一般操縦士認定講習の受講

インストラクターの指導の元、お申込頂いたコースでのドローン操縦士認定講習を受講いただきます。
所定のカリキュラムを履修後に卒業のための試験を行い、試験合格をもって正式に『FREEBIRD』の技能証明書とライセンスカードの発行とさせていただきます。

5.ドローン操縦練習、スキルアップへ

ドローン操作風景

ドローンパイロット認定講習を終えた時点ではまだスタートラインです。
ドローンクラブの練習会場であるヘリポートへはいつでもお越しください。一緒にさらなる操縦技術向上を目指しましょう。
クラブ会員みんなで色々なドローンの事に取り組んでいけたらと思っておりますので、クラブ会員で行く空撮ツアーなども企画して楽しいクラブにして行きましょう!

お問い合わせ  

主催・運営

ドローン

国土交通省認定管理団体『FREEBIRD』認定講習団体
FREEBIRDドローンクラブ京都
代表/総括インストラクター 川上 晋

所在地: 〒621-0000
京都府京都市伏見区向島柳島1番 JPD京都ヘリポート

TEL: 075-631-5611

入会・内容等お問い合わせに関しましては下記までお願い致します。
info@freebirdjapan9.com